> contents
> 最新のトラックバック
セクシーボイス アンド ロボ
from セクシーボイス アンド ロボ
シグルイ 6
from AML Amazon Link
へんないきものシリーズ
from Hey! Barbie! S..
poohのひとりごと
from poohのひとりごと
倖田來未こうだくみアクセ..
from プリクラ手帳
AI 麻雀
from ゲーム関連リアルタイム価格情報
第4区報告
from megalomeg
パルコ(PARCO)グラ..
from ブログで情報収集!Blog-..
(=゚ω゚=)ノシ
from hiroの気まぐれ猫日記(=..
こちらにも貼らして頂きま..
from TB失礼いたします。
> NSE ネットスフィアエンジニア
えー、ネタバレです。
それでもいいって方はmoreをクリックしてください。



別冊モーニングで弐瓶勉先生のBLAME!の続編、NSE ネットスフィアエンジニアが掲載されました。

あらずじ(引用)
-------------------------
超構造体(メガストラクチャー)によって
区切られた階層が
無数に集結し
都市を構成している
千年前
見えざる主が
都市から去り
都市の番人も
姿を現さなくなった
そして
超構造体に刻まれた
都市の知識も消えた
-------------------------

この文章を読むだけでわくわくしてきます。
そして、扉絵を開くと見開きで都市の絵が―
まさにBLAME!。

そして、更にあらすじ(引用)
-------------------------
『BLAME!』の世界:極限まで発達したインターネットの世界。
かつては『超構造体(メガストラクチャー)』に内蔵されたシステム(BIOS)上で起動する『統治局』(OS)が世紀アクセスする人間の要望を完璧にかなえていた理想世界だった。
が、破局は起こり人はアクセス権を失う。
そして今度は『セーフガード』(ウィルスチェッカー)が容赦なく『駆除系』で不正規アクセス者を排除する危険な世界へと変容してしまう。
-------------------------
『BLAME!』後の世界:霧亥という男が、どうにか『統治局』に再度アクセスした。
そして『統治局』と『セーフガード』は作動を停止し、人間は命ずれば全てが叶う魔法のような能力を失った変わりに、落ち着いた世界を再び手に入れた・・・・・・はずだった。
-------------------------

これらから考えると、霧亥は旅を終え、ネットスフィアにアクセスし、統治局とセーフガードの活動を停止。
それに伴い珪素生物たちもいなくなった。

そして人々は再び社会を構成し、中央政府(センター)とよばれるコミュニティーをつくる。
中央政府は生電社みたいなものだろうか。
彼らは時たま造換塔から呼び出され、近くの集落を襲う駆除系を倒すために、兵士(電基漁師見たいないでたち)を送るが、駆除系に見つかり殺されてしまう。

そして、そこになぞの男(白髪の霧亥みたいな感じ)が現れる―

1000年経ち、人々はセーフガードの恐怖からは解放されたが、残った造換塔から召喚される駆除系には手を焼いていたようだ。
また、この時代の人間にもネットスフィア時代の名残があるようで、駆除系を見つけたサキジマさんや、群長の肘風さんの通信端末インプラントなどはまさにそれだろう。

電基漁師の甲冑などから、過去の技術は残っているようだ。
彼らの乗る馬(?)は、まるでしゃべる建設者そっくりだった。

造換塔という知識がありながら、生きた造換塔を見つけて数世紀来の発見といっているあたり、情報の記録というものは完全に失われたものではないが、かなり不完全なものなのだろう。

そして白髪の男は造換塔について詳しかった。
超構造体を越え、さまざまな文明を見てきたようだった。
超構造体は越えられるものではなかったので、その男のいっていることは誰も信じることは出来なかった。

しかし彼は小さな銃と変わったペンダントを首に下げ(このペンダントは駆除系に見つからないようにするものらしい)、造関東の破壊(解体?)をしにきた。
その銃の威力から見ると、重力子放射線射出装置ほどの威力はないようだが(ここら辺は重力子放射線射出装置も小出しできたので不明だが)、一撃で駆除系を破壊するほどの破壊力があった。
しかし、薬莢が放出されているところからみると実弾らしい。
また、超構造体を越えてきているという事から、それなりの威力のある武器を持っていると考えられる。

今回の話では詳しいことまで分からなかったが、BLAME!の世界よりはるか未来の話ではあるらしい。
あの後霧亥がどのような過程を経たのか、そしてあのときの少女はどうなったのか。
さまざまな疑問は残るが、NSEは次回別冊モーニング(3月発売)に続きが載るようなので、楽しみに待っていたい。

とにかく―
面白い!!
さすが弐瓶先生、すばらしいです。
なんか待たされるせいか、毎回美味しすぎて困っちゃうなぁ(笑)
[PR]
by kirinyaga42 | 2004-12-16 19:55 | マンガ

毎日の日記とか、思ったこととか。
by kirinyaga42
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧